風水占いってどんな占い?

風水占いとは、中国で発祥した占いで、都市や住居、建築物、お墓などの位置を、方角や運気の流れによって決定する占いです。
そのため中国では、地理学や建築学の学問の一環として学ばれてきました。
日本でも風水は人気がありますが、中国の風水占いとは異なり、家相や九星気学にアレンジされたものとなっています。

風水で重要視されるのは、まず玄関です。
玄関はいい運気が入ってきて、逃げないように吉方に配置するのがいいとされています。
そして、寝室の配置も重要なポイントです。
寝室の場合は、吉方がいいとは限りません。
なぜなら気がみなぎる場所は、落ち着かず、眠気が邪魔されてしまう可能性があるからです。
そのため、吉方を避けて寝室は選ばれます。

それからキッチンは、逆に凶方に配置するのがいいのです。
なぜ凶方がいいの?と不思議に思う人もいるかもしれません。
ですが、キッチンとは風水では火の象徴でもあります。
そのため、家の中に入ってきた悪い気はキッチンで燃やしてしまうという訳です。

またトイレやバスルームなどは、水の象徴とされていて、悪い気を消し去ってくれる場所なので、常にキレイに掃除をしておくと吉とされています。

ただ、風水が発祥した時代と、現代社会では街並みは大きく変化しています。
そのため、そのまま理論を当てはめる事が出来ないため、置き換えが行わています。
高層ビルのフロアの重心を太極とし、高層ビルは砂、電柱は形殺、ガスコンロや電子レンジがあるキッチンを火とします。

風水は拘り過ぎると、理想が先走りすぎて、生活がしにくい空間となってしまいます。
そのため、生活動線はきちんと確保した上で、どうやって運気をよくしていくのか?と考えた方がいいでしょう。

日常生活の中で方角を意識する

あなたは日常生活の中で方角を意識していますか?
車の運転で地図を見る時に、方角を意識するという人はいても、それ以外ではなかなか方角を意識する人がいませんよね。
ですが、昔はもっと方角を意識したものです。
有名な例では、北枕という言葉があります。
これは北の方角を枕にすると縁起が悪いと考えられていたからです。

他にも、今日この方角へ行くのは運気が悪いから、目的地に行くために、わざと遠回りして別の方角から向かったり、凄い時には外出すら止めてしまったりしたのです。
さすがに、現代社会の中で、ここまで日常的に方角を意識して生活をしている人はいないかもしれません。

でも最近嫌な事が続いたり、原因不明の体調不良が続いている。
そんな時は、何かしら原因があり、もしかするとその原因は風水の方角に関係しているかもしれません。
もちろん、科学的に考えれば、方角が原因で嫌な事が続いたり、体調不良に陥る事はありえない事です。
ですが、現実にそのような現象が起きているのに否定する方が現実に目を背けていると思いませんか?

なので、風水を得意とする占い師に相談をしてみましょう。
相談をする事で、何が運気を悪くしているのか、その原因を突き止める事が出来るかもしれません。
病院では治せないような、原因不明の体調不良を、占いが治せる、そんなケースは少なくありません。
日常生活の中で常に方角を意識する事は難しくても、運気がよくなる、運気が悪くなる、そんな方角はちょっと意識して日常生活に取り入れるだけで、その人の人生は大きく変わるかもしれません。