日常生活の中で方角を意識する

あなたは日常生活の中で方角を意識していますか?
車の運転で地図を見る時に、方角を意識するという人はいても、それ以外ではなかなか方角を意識する人がいませんよね。
ですが、昔はもっと方角を意識したものです。
有名な例では、北枕という言葉があります。
これは北の方角を枕にすると縁起が悪いと考えられていたからです。

他にも、今日この方角へ行くのは運気が悪いから、目的地に行くために、わざと遠回りして別の方角から向かったり、凄い時には外出すら止めてしまったりしたのです。
さすがに、現代社会の中で、ここまで日常的に方角を意識して生活をしている人はいないかもしれません。

でも最近嫌な事が続いたり、原因不明の体調不良が続いている。
そんな時は、何かしら原因があり、もしかするとその原因は風水の方角に関係しているかもしれません。
もちろん、科学的に考えれば、方角が原因で嫌な事が続いたり、体調不良に陥る事はありえない事です。
ですが、現実にそのような現象が起きているのに否定する方が現実に目を背けていると思いませんか?

なので、風水を得意とする占い師に相談をしてみましょう。
相談をする事で、何が運気を悪くしているのか、その原因を突き止める事が出来るかもしれません。
病院では治せないような、原因不明の体調不良を、占いが治せる、そんなケースは少なくありません。
日常生活の中で常に方角を意識する事は難しくても、運気がよくなる、運気が悪くなる、そんな方角はちょっと意識して日常生活に取り入れるだけで、その人の人生は大きく変わるかもしれません。

こちらもおすすめ!

  • 風水占いってどんな占い?風水占いってどんな占い? 風水占いとは、中国で発祥した占いで、都市や住居、建築物、お墓などの位置を、方角や運気の流れによって決定する占いです。 そのため中国では、 […]
  • 星によって運勢が決まる星によって運勢が決まる 人間は古くから占いを使ってきて、そしてその占いには星占いというものがよく用いられていました。 人間は星々を見てそこから運勢を解釈したり様 […]
  • 3つの要素が分かれば四柱推命が占える3つの要素が分かれば四柱推命が占える 四柱推命に関しては、3つの要素さえ分かれば占うことができるのです。 生まれた年と月日、そして時間が分かればその人の運勢を占えるのです。 […]